田舎おやじの買物日記

中途半端な田舎に住むおやじの買物日記です

【購入】オーベルジュ コーデュロイ5ポケットパンツ

久しぶりの更新です。ちょっと仕事やら何やらでバタバタしてましたが、そんな間にすっかり秋めいてきましたね。

 

ということで、秋らしいアイテムを購入しましたのでご紹介します。

 

f:id:inaka-oyaji:20211017223610j:image

 

オーベルジュ×ブリッラペルイルグスト コーデュロイ5ポケットパンツ オイスター サイズ42

地元ビームスにて購入

 

f:id:inaka-oyaji:20211017224006j:image

 

オーベルジュ×ブリッラのお馴染みのブランドタグですね。相変わらず変態的な拘りのアイテムが出ていますが、私は定番的なコーデュロイの5ポケットを購入です。

 

f:id:inaka-oyaji:20211017224222j:image

 

真っ白ともベージュとも違うオイスターという色味が素敵です。かなり何にでも合わせやすいと思います。

 

f:id:inaka-oyaji:20211017224324j:image

 

ヒップにはブラックに白抜きでオーベルジュのロゴが入っています。ウォッシュのアタリもいい感じですね。

 

f:id:inaka-oyaji:20211017224502j:image

 

そして腰にはロゴのないホワイトの革パッチが付けられています。

 

ラインはやや細めなストレートです。細いですが、足に張り付く程ではありません。股上もやや深いので、イタリアモノとはかなり雰囲気が異なりますね。

 

このパンツは汎用性が高そうで、かなりヘビーローテーションになりそうです。やっと涼しくなってきたので、これから存分に楽しめそうです。

 

D.P. -脱走兵追跡官-

また一本、Netflixのドラマを見終わりました。

 

f:id:inaka-oyaji:20211002181546j:image

 

D.P. -脱走兵追跡官- というドラマです。表題のD.P.とはDeserter Pursuit(軍隊離脱者追跡)の略で、様々な理由で軍隊を離れた兵士を逮捕する特殊任務のことを指します。

 

要は脱走兵を追跡して連れ戻すお話なのですが、そこには徴兵制という制度の課題を始めとした、深い社会的な課題が横たわっています。

 

設定は2014年、この年、韓国軍内では暴行による死亡事件と脱走兵による銃乱射事件が起きており、大きな社会問題となったそうです。そしてそれらの事件の背景として、軍隊という閉鎖社会での日常的なイジメや暴行があると言われています。

 

皆さんもご承知のように、韓国には徴兵制度がありますから、一般の人々に兵役の義務があります。そして儒教の影響なのか、かなり明確に上下関係を規定する文化があります。そこに軍隊という組織の特性が重なって、このような事件が起こったのではないかという見方があるようです。

 

f:id:inaka-oyaji:20211002193404j:image

 

主人公であるアン・ジュノ役にはチョン・ヘイン。写真左の可愛らしいイケメンイメージの強い役者さんですが、本作品では影を背負った追跡官役を熱演しています。

 

内容的には暴力シーンも多く、なんともやり切れない内容が続きますから、単純に面白いという感想を持つことは憚られます。

 

今回は6話で一旦完結しましたが、最終話の表題である傍観者たちというのが、根底にあるメッセージでした。この問題をこれからも傍観し続けるのかと。そういった社会課題を示すことがこの作品の大きな存在意義なんだろうと思います。

 

関係者のインタビューや最終話の終わり方から見ると続編が制作される可能性が高そうですが、Netflixだからこそこのような課題に切り込むことが出来たのだろうと想像すれば、是非とも続編にも期待したいなあと思います。

 

 

【購入】コーディングス モールスキン オーバーシャツ

世はシルバーウィークだそうですが、親父は23日にさえ仕事が入り、なんだかお休みの人達が羨ましい感じです。

 

このシルバーウィークを狙ってビームスはWポイント、更にテナントビルがポイント10倍ということで、合わせると27%分のポイント還元というお得な期間となっています。となると逝くしかないですよね。

 

f:id:inaka-oyaji:20210925164408j:image

 

コーディングス モールスキン オーバーシャツ ブラウン サイズ15    地元ビームスにて購入

 

f:id:inaka-oyaji:20210925164356j:image

 

コーディングス、、、私は初めて聞くブランドですが、イギリスの歴史あるブランで、ペリー来航より前、1839年創業なんだそうです。コーデュロイモールスキンチノクロスといったカントリーテイストの生地を使ったイギリスらしい服作りが得意だということみたいです。

 

f:id:inaka-oyaji:20210925164900j:image

 

とは言え、安定のトルコ製笑。そりゃそうだわな。

 

f:id:inaka-oyaji:20210925164945j:image

 

こちらのオーバーシャツ、インでもアウトでも着られるよう、サイズ感をビームスが別注したそうで、色もこちらブラウンの他に、別注でブラックもありました。

 

親父としては、このブラウンに一目惚れ。胸のポケットも特徴的な、まさに今季注目のシャツアウターです。モールスキンという素材感も秋から冬にかけて大活躍しそうです。

 

ただ、モールスキンってアイロン掛けが難しい。普通にかけると起毛感が潰れてしまうし、かと言って皺は取りたいですしね。コーデュロイシャツなんかも同じ悩みがあります。。。

 

f:id:inaka-oyaji:20210925165512j:image

 

それはさておき。このオーバーシャツであれば、ボーダーカットソーやハイゲージニットの上に羽織って、パンツは白っぽくて季節感がある感じがいいですね。勿論デニムは鉄板でしょうし。いやあコーデが楽しみです。

 

実はもう一点逝ってますが、お直し中のため、また今度紹介させていただきます。

MR_BEAMS

f:id:inaka-oyaji:20210920204448j:image

 

MR_BEAMSが久々に紙冊子の形で配布されています。前シーズンまではコロナ禍の影響でWEB化されていましたが、やっぱり親父には紙の方がいいですね。

 

流石ビームス、今やビームスのラインナップさえ見たら、予算オーバーになる程、気になるものに出会えるので、他店を見る必要がありません。まあ単純に予算が少ないという問題もありますが。

 

f:id:inaka-oyaji:20210920205115j:image

 

今回も、今シーズンのポイントを11のキーワードにまとめて解説されています。特に気になったのは、

 

f:id:inaka-oyaji:20210920205243j:image

 

やっと戻ってきたカーディガン。まあ流行ってなくても普通に来ていましたが笑。

 

f:id:inaka-oyaji:20210920205331j:image

 

シャツジャケットは春夏にベージュのギローバーを購入済み。またタイプは違いますが、オーバーサイズのウールでエンジニアドガーメンツのものも活躍させられそうです。

 

f:id:inaka-oyaji:20210920205510j:image

 

フーディーをインナーにレイヤードするのも、我々世代だとお約束ですね。今季はニットのフーディーが欲しいです。

 

f:id:inaka-oyaji:20210920205655j:image

 

そして気になるピーコート!久々に着てみたいなあと思っています。ナイジェルケーボンのものを予約していますが、そこまで予算が回らないかも。。。

 

f:id:inaka-oyaji:20210920205826j:image

 

このブーツいいですね。値段も手頃ですし。とは言えブラウン系のブーツは何足か持っていますから、今季は我慢ですね。

 

f:id:inaka-oyaji:20210920205947j:image

 

デニムのカバーオールも春から気になっていたアイテム。写真は御大激推しのFOLLOWのもの。試着してみましたが小綺麗にまとまり過ぎて好みにあわす、結局ガーメンツを逝きました。

 

f:id:inaka-oyaji:20210920210147j:image

 

このコーデを見る前に地元ビームスにてインナーに使われているシャツジャケットに注目しており購入予定。アウターとして羽織ってもいい感じになりそう。コーディングスというイギリスのブランドだそうです。

 

f:id:inaka-oyaji:20210920210353j:image

 

この枯れた感じもかなりカッコいいですが、注目はコーデュロイの5ポケット。こちらは御大別注のオーベルジュ。思ったより細身でしたが、とてもよい雰囲気でベビロテ確定です。

 

f:id:inaka-oyaji:20210920210555j:image

 

オマケです。裏表紙のグレンフェルの広告ビジュアル。かなり好きな雰囲気です。似たような服を組み合わせて真似しようかと思います笑。

 

ざっと気になったトレンドとアイテムを見てきました。元々枯れた感じの服が好きなので、今季は早々に予算オーバーでした。

 

最後に気になったけど買えなかったアイテムを。

 

f:id:inaka-oyaji:20210920210942j:image

 

オーベルジュのアルパカカーディガン、その名もカート。カートと言えば、ニルヴァーナのカート・カバーンですね。彼が着ていたモヘアカーディガンを復刻したのがこのカーディガン。瞬殺でしたね。

 

実は私、試着までしてまして、買おうと思えば買えました。ただですね、ぶっちゃけアラフィフ親父がグランジファッションって、やっぱり汚らしいんですよね、残念ですが。。。

 

グランジ=汚らしい的な意味ですからね。着る人が男前だったり、せめてシュッとしてたりしないと難しい。着る人がくたびれてきた外見してるのに、服までくたびれてると、やっぱりくたびれた印象になってしまいます。若者に着て欲しいなあと思って諦めました。まあ、価格もかなりでしたしね苦笑。

 

 

或る日のスタイル その90

昼間はまだ暑いですが、朝夕は過ごし易くなってきましたね。今回が夏バージョンの或る日のスタイル、ラストになりそうです。

 

f:id:inaka-oyaji:20210919174357j:image

 

Tシャツ:ザノースフェイス パープルレーベル

パンツ:RRL×ビームスプラス

スニーカー:ナイキ

 

今季購入し、ベビロテしているパープルレーベルのTシャツ。一応ビッグシルエットなのですが、写真で見るとそうでもないですね。リラックスした格好する時に凄く気に入っています。またスニーカーも今季購入のナイキです。

 

f:id:inaka-oyaji:20210919174718j:image

 

Tシャツ:ネストローブ コンフェクト

パンツ:ネストローブ コンフェクト

サンダル:ビルケンシュトック

 

この日は数年前にマイブームだったネストローブ コンフェクトの上下で。Tシャツがざらっとした薄手の麻素材というのが珍しい。購入当時は上下ともダボっとしたイメージでしたが、今着ると大したことないですね。

 

f:id:inaka-oyaji:20210919175120j:image

 

Tシャツ:ナイジェルケーボン

パンツ:バイオレット バッファロー ワロウズ

スニーカー:ニューバランス

 

こちらも今季購入したナイジェルケーボンのヘンリーネックTシャツをメインに。パンツはもっと太いんですが、あまり太く見えませんね。

 

まだしばらくはシャツを羽織る程度だと思いますが、少しずつ秋にシフトしていければと思います。

 

スタートアップ:夢の扉

また一本、Netflixの韓国ドラマを観終わりました。

 

今回の作品は「スタートアップ:夢の扉」という作品です。

 

f:id:inaka-oyaji:20210911194546j:image

 

正直、最近観てきた話題のドラマとは異なり、かなりリアリティのある普通の設定ですが、その分、感情移入しやすく、結果的には大変楽しむことが出来ました。

 

内容としては文字通り、スタートアップ=起業を目指す若者達の挫折と成功に恋愛が絡んでいくのですが、、、そこは90分弱×16話もある韓国ドラマ、それだけじゃ話は保ちません。

 

f:id:inaka-oyaji:20210911195237j:image

 

まあ、過去の複雑な関係性や家族ネタ、仲間同士の団結や決別などが加わり、飽きることなく物語は進んでいきます。

 

まあそのあたりのことは数多あるネット記事にお任せするとして、やっぱり注目は主役の二人。

 

f:id:inaka-oyaji:20210911195338j:image

 

エンジニアのナム・ドサンを演じたのがナム・ジュヒョクという俳優さん。188センチもある長身でモデルなんかもやっていたそう。個人的にはPCに向かって集中している姿はカッコいいと思いましたが、はにかむ笑顔の演技がイマイチ…。あと何かキスが下手っぽい爆。

 

f:id:inaka-oyaji:20210911195806j:image

 

そしてヒロイン、ソ・ダルミを演じたのがぺ・スジという女優さん。この娘は可愛い。本田翼や川口春奈的な可愛さがある。ただ、今回写真を検索してみて思ったのが、写真よりも動いている方が可愛いかなと。

 

f:id:inaka-oyaji:20210911200115j:image

 

いや、動いてなくても可愛いか笑。何かちょっと地味に見える時があるのですが、役柄的にも本当に可愛らしくて、近くにいたら惚れちゃいそうなレベルです笑。

 

アイドルからスタートして女優さんになったんだそうですが、多分、まだまだ人気が出るんでしょうね。

 

このドラマ、内容もキャストも本当に清々しくて気持ちいいというか心が洗われるというか。若い時に持っていた根拠の無い自信や明るい未来への兆しみたいなものが真っ直ぐに描かれていて、若い頃に感じていた前向きな気持ちを思い出させてくれました。

 

現実味の無い設定も多い韓国ドラマですが、たまには視点を変えてみてもいいかもしれません。

【購入】エンジニアドガーメンツ ショールカラージャケット

この週末は溜まった仕事があり、ちょっとずつ取り組んでいました。終日ではありませんでしたが、休日に仕事するの嫌いなんですよね。。。

 

そんな中、大物時計をローンで購入したにも関わらず、秋物の第一弾を購入してしまいました。

 

f:id:inaka-oyaji:20210905224459j:image

 

ここ数年、少しずつ買い足しているエンジニアドガーメンツ。ドレスに近い服装はあまりしなくなりましたが、カジュアルならば普通に着ますよね。益々カジュアル化が進みます。

 

f:id:inaka-oyaji:20210905224659j:image

 

エンジニアドガーメンツ ショールカラージャケット サイズS   地元ビームスにて購入

 

10オンスのブロークンデニムのショールカラーカバーオール。最近のカジュアル化に伴い、カバーオールを着たくなっちゃったんですよね。で、10数年振りに購入しました。

 

f:id:inaka-oyaji:20210905224805j:image

 

実は取り寄せた後、10オンスだと薄いだろうなと思っていて、ペラペラなものを想像していました。しかし実際に実物を手に取ると、柔らかな生地ですが、ペラペラ感はありませんでした。

 

f:id:inaka-oyaji:20210905225309j:image

 

ボタンの雰囲気も面白くて、裏側の金具で留める仕様になっています。ショールカラーとともに全体の雰囲気を出すのに一役買っています。

 

f:id:inaka-oyaji:20210905225458j:image

 

チンストラップも付いていて、このように首元を覆うことが出来ます。まあ生地感を考えると冬の着用は難しいでしょうから、あくまで飾りになるとは思いますが。

 

f:id:inaka-oyaji:20210905225627j:image

 

飾りと言えば、ガーメンツのアウターの多くが採用している後側のポケット。これこそ使わないかも知れませんが、ガーメンツらしいディテールですね。

 

肝心のラインですが、これがガーメンツとしては大振りな方ではありません。サイズはSですが、170センチ75キロの我儘ボディな私でもそれ程大きく感じることはなく、それでもインナーに厚手なものを入れても大丈夫なサイズ感です。

 

今回欲しいもの候補を地元に取り寄せて、このカバーオールは却下するかなと思っていたのですが、思いっきり最初に購入してしまいました。いいバランス感で、かなり役立ちそうです。